根強い人気!冬の定番スイーツ「バナナボート」 チョコレート風味の変わり種も登場 

冬定番のスイーツです。長野県飯山市の菓子店などで冬場に作られる「バナナボート」。生クリームが入った定番のものだけでなく、チョコレート風味の変わり種も登場。今年も根強い人気を誇っています。

飯山市の老舗菓子店。今年も「あのスイーツ」の時期を迎えています。

(記者リポート)
「こちらの和菓子屋さんには、ずらりと並んだおいしそうな和菓子のすぐとなりにバナナボートが並んでいます」

ふっくらと焼き上げたスポンジ生地に生クリームをぬり、そこにバナナをのせます。
巻き上げてから、さらに生クリームを追加。

飯山の冬の定番「バナナボート」です。

こちらの大黒屋菓子店では、例年11月から販売を始めますが、2023年は客の要望もあり、10月末から販売しています。

中野市から:
「ちょうどこの時期になるとね、やっぱりバナナボートおいしいので」

飯山市から:
「私、今、病院の帰りなのにね、自分のご褒美に。生クリームと生地の味が好きです」

今では、市内10の菓子店などが作っていて、根強い人気を誇る「バナナボート」。実は、大黒屋の店主が50年ほど前に考案したものです。

大黒屋菓子店 3代目店主・佐藤信一さん:
「ケーキ屋に2年ほど行っていてね、帰ってきてクリスマスケーキを作ろうとしたけどあまり売れないから、それで(バナナボート)を考えて作った」

クリスマスケーキのスポンジを使い、バナナを新鮮なうちに食べてもらうため「冬限定」にしたということです。

大黒屋菓子店 3代目店主・佐藤信一さん:
「(長年愛されて)うれしい。うちは冬限定だから、皆さん11月ごろから待っててくださって。(今年も)バナナボート始めましたので、ぜひ皆さん買いに来てください」

大黒屋では、2024年3月末ごろまで販売する予定です。

定番は生クリームを使ったものですが、変わり種を出す店もあります。

洋菓子とパンの店、「サン・ローラン」。

定番のものの隣に並ぶのは、チョコレート色の「バナナボート」。

ココアパウダーを混ぜて焼き上げたスポンジ生地を使った「ショコラバナナボート」です。

2、3年前にバレンタイン限定で販売したところ、好評だったことから、メニューに加えました。

記者が試食―。

(記者リポート)
「スポンジがふわふわ。濃厚なショコラスポンジと優しい甘さの生クリームとバナナが絶妙にマッチしています。とてもおいしいです」

サン・ローランでは節分の時期に、イチゴやキウイなど数種類のフルーツを入れた「恵方巻バナナボート」も販売も予定しています。

サン・ローラン チーフ・平野正美さん:
「長年、愛されて通ってくださるお客さまがいるので、味を変えずに作り続けたいなと思っています。(人が)集まった時にみんなで1本ずつ食べてもらいたいな」

定番の味から変わり種まで。飯山の冬の定番を味わってみてはいかがでしょうか。

~ARURA編集部からひとこと~
「バナナボート」は冬限定!買いに行かなきゃ!
大黒屋菓子店
住所:長野県飯山市飯山1149
電話番号:0269-62-2402
定休日:火曜


よかったらシェアしてね!